条件をご覧ください

調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行がばれることもあるでしょう。

もしくは、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠を入手しようがないです。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、額は少なくなります。

また、不倫の相手が浮気を認めない際は証拠が必要とされます。どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠が必要です。

レシートやクレジットカードを確認すると浮気の証拠を把握することもあります。

最初に、普段立ち寄らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを視界に入ることが多くなったら、その周辺に普段から行っている事になります。

その場所で監視していると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。

探偵事務所を探す方法としては、口コミをチェックするのも有効です。

間違えないでいただきたいのは、その探偵事務所が運営するサイトにアップされている口コミではなく、全く無関係の掲示板や専門の相談用サイトに記載されている口コミを確認するようにしましょう。

その探偵事務所の一般の利用者による口コミの方が、信頼性は高いものになるはずです。

尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、費用が少なくなります。

よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃のパートナーの行動パターンを観察しておく必要があります。

その中で、最も怪しい時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、探偵にも余計な手間をかけずに済み、双方にとって利益があります。
小遣い稼ぎ

結婚している相方が、浮気しているときでも夫婦生活を続けていきたいのであれば昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはやめるべきです。

浮気が発覚したことで相手が逆ギレしてしまって、別れなければいけなくなってしまうかもしれません。

その上、浮気相手との会話によって大きなストレスになってしまうのです。

わけもわからず自分で動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

専門家である探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。